「KAWANOWA」な人たち Vol.9前編 ハンドバッグ製造ヒロセ 代表 広瀬和俊氏 インタビュー 「“目も耳も舌も”、すべての感覚と感性を磨き続けること。」

KAWANOWAな人たち

㈱服部

感性をみがき続ける、ハンドバッグ製造のヒロセ 広瀬和俊氏。
後編はこちら

「KAWANOWA」では、パイソンやクロコといったエキゾチックレザー(は虫類など)を使った「ミンティアケース」や「オーガナイザー」を提案されている、ハンドバッグ製造のヒロセさん。今回は、代表である広瀬和俊さんにインタビューさせて頂きました。

ラグジュアリーブランドから着物アーティストまで

広瀬さんは現在「KAWANOWA」限定で、オリジナルブランド「KAZUTOSHI HIROSE」を立ち上げています。「は虫類」という独特な素材を自由自在にあやつり、一見すると“これは無理では…?”と思うような、難しいデザインを形にすることにも果敢に挑戦されています。

誰もが知るような国内の著名ラグジュアリーブランドを含めて、さまざまなOEM(相手先のブランド名による製造)を手掛けることが、現在のメインのお仕事。
サンプルのバッグをいくつか見せて頂きました。世界レベルで活躍される著名デザイナーのものから、着物アーティストの方の“帯”とのコンビ、三角形の不思議な形のポーチなど、手掛けられたアイテムはテイストもフォルムも多岐に渡っています。けれど、どれも“作るには一筋縄ではいかない”と思わせるものばかり。

それを手掛けている職人さんは、現在は外部に6件ほどお付き合いがあり、長く仕事を依頼しているまさにプロフェッショナル集団。三ノ輪の工房には、広瀬さん含め数人のスタッフのみで、ここはまさに広瀬さんがデザインと向き合う“アトリエ”と言えます。
広瀬さんにお話を伺いました。

型

工房内の様子。手前にいるのは実の妹さんです。

は虫類の素材の面白さに目覚める

「最初に就職したのは、大手の靴の卸売り会社でした。そこで四年間経験を積み、実際に自分でものづくりを手掛けたいと思い立ち、社員4、5人の小さなバッグメーカーに転職しました。小規模なところであれば、一部ではなく一から十までトータルで仕事を覚えられるのが逆に魅力でした。それからは、独立することを目標に頑張りました。
その会社で作っていたのは、最初は牛革でしたが、しばらくしてエキゾチックレザーも手掛けるようになったのです。その時に初めて、『は虫類は面白い素材だ』ということを発見しました。」
と広瀬さんは語ります。

“は虫類”の素材を手掛けているのは、KAWANOWAの中でも「サンバッグ坂本」さんなどいくつかあります。牛革やヤギ革など大きな個体の革と違って、寸法も小さいうえに独特の“ウロコ模様”をアタマに入れながら、出来上がりを考えていく必要があります。
同じ本革バッグを仕立てる職人さんでも、牛革の職人とは虫類の職人とは別々に存在し、それぞれ“手が違う”ということもよく言われています。

他の素材とは違う“オーラ”

広瀬さんが「面白い素材」ということを実感したのは、は虫類が持つ独特な“オーラ”なのだとか。詳しく伺ってみました。

「エキゾチックレザーは、当たり前ですがまず素材の“単価の違い”というのは大きいです。牛革を扱っていたから余計に感じますが、同じバッグ一本を製作するにしても効率が良い。  そして、牛革のように広い面で型を取れる訳ではなく、ひとつひとつ表情が異なり、おまけに幅も狭い。けれど、その不自由性が逆に面白いのかなと思っています。制約があるからこそ燃える、というタイプでしょうか(笑)」

「加えて、世界のラグジュアリーブランドの多くは、エキゾチックレザーを使ったバッグを頻繁にコレクションに登場させています。仕事上よく都内のショップを視察に行きますが、やはりクロコやパイソンを使ったバッグは、値段も一桁高いうえに、存在感というか、他とは違ったオーラを放っていますね。」

小さな端革も捨てず大切に使いたい

型

さまざまな種類の革が積まれています

ヒロセさんの工房には、型を抜いた後のパイソンやクロコの端革が、うず高く積まれています。それぞれの革にはオリジナルの染めやプリントが施されているものもあり、どんなに端革が小さくとも思い入れがあると言います。

「もともと革は命からできていたもの。有難いと思って、最後まで使い切ってあげたいんです。なので、KAWANOWAに出している革小物の『コードクリップ』『ミンティアケース』は、そういった残りの革を活かすために作りました。ブランドごとに染めた特殊な革などもあって、ひとつひとつ表情が違うのも楽しめると思います。」

特に『パイソン コードクリップ3点セット』は、“迷彩のパイソン”から“ゴールド”、そして“ラメ”など他にないパイソンのオンパレード。聞けば誰でも知っているようなブランドから依頼され、オリジナルで特殊な染めを施したものなど、背景を知るとまた想像がふくらんで面白いですね。

【ヒロセ】パイソンコードクリップ 3点セット

【ヒロセ】パイソンコードクリップ 3点セット

さて、次回は広瀬さんの仕事の裏側についてお聞きします。

文責 CHIEnoWAコミュニケーション 川崎智枝

川﨑 智枝(かわさき ちえ)。CHIEnoWAコミュニケーション 代表。
1991年、靴・バッグ業界において唯一の経営コンサルティング会社、「アジアリング」入社。
20年弱で全国の靴バッグ専門店・小売店へのべ2,000店を取材。バッグ業界専門コンサルタントとして
のべ約250社のクライアントに実施。
2005年、コーチ・トゥエンティワン(現コーチA)のコーチトレーニングプログラム(CTP)終了。
業界内でスタッフ・マネージャー研修、営業マン研修等を実施。著書「靴バッグ 知識と売り場作り」。
研修コーチ、服飾雑貨MDプランナー、webマガジン「B.A.G. Number」編集長として独立。